羽村市|一戸建て住宅での定期的な下水清掃の頻度はどれくらいか


普段は意識しないけれど、いざ、不具合が出るとやっかいな排水管。一度詰まると、修理の手間やコストも掛かってしまいます。下水道関連のトラブルを避けるためには、まめに清掃しておくことが大切ですが、ついおっくうになり、後回しにしてしまいがちです。排水管の清掃はどの程度の頻度で、どんなふうに行えばよいのでしょうか。

そこで今回は、羽村市の情報や地域の水道修理店情報などとともに、下水道関連の清掃のポイントをお知らせします。

羽村市のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

東京都の北西部にある羽村市。住宅地として成熟している一方、産業の活性化に力を入れており、また豊かな自然にも恵まれている暮らしやすい地です。

そんな羽村市の特徴や、おすすめのお出掛けスポットについて紹介します。

★羽村市の特徴と生活メリットについて

羽村市は、平成3年の市制施行によって羽村町から生まれ変わってできました。平成28年に25周年を迎えたばかりの比較的新しい市です。羽村は承応2年(1653年)に玉川上水が開削されたことで活況を呈するようになった地。明治末期から昭和初期にかけては、養蚕業で知られるようになりました。昭和31年の町制施行で羽村町となってからは、土地区画整理事業などにより、農村から近代都市へと発展してきました。

産業活性化の支援に力を入れていることも羽村市の特徴で、市内の産業を広く紹介する「産業祭」や、農業者と商業者が合同で行う「活力市」なども実施しています。また、まちづくりとしては、道路、公園、上下水道などの都市基盤整備を図っており、市街化区域の65.6%で区画整理事業が完了。水道事業に関しては、豊富で良質な地下水源をもとにした、独自の水道経営を推進しており、安全でおいしい水が供給されています。

また、市民の足としてコミュニティバス「はむらん」を運行するなど、子育て中の若い世代から、高齢者にいたるまで、暮らしやすい地域といってよいのではないでしょうか。

★羽村市でおすすめのお出掛けスポット

・羽村市動物公園

昭和53年に開園して以来、アットホームな雰囲気で市民に愛されている動物公園。なかよし動物園には「ヤギさんの童話ランド」「ブタさんの童話ランド」「ロバさんの童話ランド」があり、餌をあげることもできます。サバンナ園では、アミメキリンやグラントシマウマ、シロオリックス、モモイロペリカンなどを混合飼育。また、「どきどきハンズオン」では小動物にさわったり抱っこしたりすることもできます。

・都立羽村草花丘陵自然公園

あきる野市、福生市、羽村市という広いエリアにまたがる公園。昭和28年に東京都立の自然公園として指定されました。公園の中心は大澄山や浅間岳などがある標高200~300mの丘陵で、雑木林の中にハイキングコースが続いています。このハイキングコースでは、途中、玉川上水や多摩川一帯を歩き、春には美しい桜が咲き誇ります。尾根からは、関東平野を見渡すことができ、目の前に素晴らしい眺望が広がります。

・羽村堰
桜の名所として知られる羽村堰。江戸時代から多摩川上水の起点となっており、その豊かな水量から現在でも東京都の重要な取水口となっていることがわかります。周辺には公園や遊歩道が整備されており、普段から市民の憩いの地として親しまれていますが、桜の季節になるとさらに多くの人出で大賑わい。何百本ものソメイヨシノが咲き誇る様子の見事さに、うっとり見とれてしまいます。

・まいまいず井戸

羽村駅東口前近くの五ノ神社内にある、都指定史跡の井戸。鎌倉時代の開削といわれています。当時はまっすぐ縦に井戸を掘り進める技術が発達していなかったことから、水の出る深さまですり鉢状に掘られたと考えられ、そこに至る通路をらせん状にめぐらせているために、カタツムリ(まいまい)のような形をしているのが特徴です。

羽村市の統計情報

令和元年10月1日現在、羽村市の人口は55,519人で、内訳は男性が28,227人、女性が27,292人。世帯数は25,909世帯です。平成30年度の事務報告書によると、行政面積は9.90平方キロメートルであるため、人口密度は1平方キロメートル当たり5,612人となります。少し古いデータになりますが、平成29年10月1日時点の推計値では人口では、郡部を除く東京都の中で一番少ない人口になっています。最新のデータが確認できませんが、東京都最少人口というこの状況は、現在も続いていると考えられます。

平成27年の国勢調査によると、常住人口(夜間人口)が55,833人であるのに対して、昼間人口は51,875人で、昼夜間人口比率は92.9パーセント。他の地区に通勤・通学している人口が多くなっています。
一方、羽村市外への流出者のうち通勤者(15歳以上)が16,258人、通学者が2,386人となっており、市外への通学者の多さが目立ちます。

同じく平成27年の国勢調査で、世帯人員と世帯の家族類型をみてみると、1世帯当たりの人員数の平均値は2.35人。最も多いのが単身世帯の7,683世帯で、2人世帯の6,495世帯、3人世帯の4,480世帯がそれに続きます。核家族世帯の内訳は、夫婦と子どもから成る世帯が7,416世帯、夫婦のみの世帯が4,555世帯で、多くを占めています。

羽村市の水道修理店情報

・株式会社村尾重機 東京都羽村市小作台5-17-3 042-554-0323

・志摩設備工業有限会社 東京都羽村市栄町1-9-50 042-555-3063

・雨倉設備工業所 東京都羽村市川崎2-7-8 042-554-2345

・有限会社志村設備興業 東京都羽村市羽中4-3-19 042-554-1806

・羽村設備株式会社 東京都羽村市羽西1-1-2  042-554-2331

・有限会社臼井設備工業所 東京都羽村市羽加美3-12-3 042-555-5576

・有限会社志村設備興業 東京都羽村市羽中4-3-19 042-554-1806

・伊吹住設株式会社 東京都羽村市富士見平2-18-12 042-555-4413

・株式会社山下設備 東京都羽村市双葉町2-11-10 042-553-3741

・滝沢工業株式会社 東京都羽村市川崎2-3-23 042-554-2356

 

一戸建て住宅での定期的な下水清掃の頻度はどれくらいか

日ごろはあまり関心を払うことのない排水管。しかし、いったん悪臭や詰まり、水漏れ、逆流などのトラブルが起こると、生活のうえでのダメージはかなり大きなものがあります。

排水管は、生活排水や汚水、雨水が流れるところだけに、汚れもたまりやすいですが、定期的に清掃をすることで、ある程度はトラブルを未然に防ぐことができます。

ここでは、日々の清掃をどの程度の頻度で行うとよいのか、清掃方法とともに紹介していきます。

★排水管の定期的な清掃が必要な理由

私たちは毎日の生活のなかで、キッチンや洗面所、浴室、トイレからさまざまな生活排水や汚水を流しています。

できるだけ汚れた水を流さないように、食器洗いの前には油をふき取ったりなどの工夫をしている人も多いことでしょう。

しかし、気を配ってはいても、どうしても異物は流れてしまうもの。例えば洗面所や浴室からは石けんかすやシャンプーの泡、髪の毛、湯垢、キッチンからは汁物の残飯や少量の油、洗濯排水からは洗剤の泡などが、どうしても水と一緒に流れてしまいます。

また、家の外には雨水が流れる雨水管や雨水桝もあり、そこには落ち葉や砂、小さなゴミなども混ざっています。

これらの異物が排水管の中に溜まった状態にしていると、やがて悪臭や詰まりの原因になってしまいます。

排水管の中というのは、直接目にすることがないだけに、汚れの蓄積を意識する機会があまりないもの。ケアしないまま長年放置し、不具合が出てから焦ってしまうというのは、

よくあることではないでしょうか。しかし、悪臭や詰まりなどのトラブルが起こってからでは、生活への支障が出るうえに、精神的にもストレスを抱えることになります。毎日の生活を快適に送るためにも、やはり排水管は定期的に清掃・洗浄することが得策なのです。

★毎日の積み重ねがものを言う「小清掃」

私たちの生活に直結しているのが排水口のゴミ受けの部分です。ここはできるだけ毎日きれいにして、ゴミを取り除いておきたいもの。たとえば、お風呂や洗面所は、1日の終わりにたまった髪の毛や石けんかすを取っておく。キッチンでは食器や調理器具から油をふき取ったり、ゴミ受けにゴミ取りネットを掛けてこまめに取り換え、残飯が流れないようにしたりなどの工夫ができます。

溜め込むとおっくうになってしまうこれらの「小清掃」は、できれば毎日、あるいは2~3日に1度くらいの頻度で取り組むとよいのではないでしょうか。

清掃とは少し観点が違いますが、トイレではトイレットペーパーの流し過ぎに注意を。排泄物と絡み合って大きな固まりとなり、排水の妨げになることがあります。

また、特に小さなお子さまのいるご家庭なら、誤っておもちゃなどの異物を流してしまわないように気をつけましょう。大人の気づかない間に、思いがけないものを落としたまま流してしまい、詰まりの原因になることがよくあります。

★流れが悪くなる前に取り組む「中清掃」

キッチンや浴室、洗面所では毎日は難しくても、時々はゴミ受けや排水トラップなどを外し、排水口を洗いましょう。スポンジや歯ブラシなどの道具を使いながら、塩素系漂白剤などでよく洗っておくことで、ヌメリや汚れがスッキリ落ちて悪臭を防ぐことができるでしょう。

気をつけていても油が流れやすいキッチンの排水口では、定期的に大量の熱湯を一気に流すという洗浄方法が有効。排水口にこびりついている、冷えて固まった油を溶かして流すことで詰まりを防ぐことができるからです。

また、浴室や洗面所、キッチンで水の流れが悪くなってきたと感じたら、市販のパイプ洗浄剤を利用するのもよい方法です。熱湯を流したり、パイプ洗浄剤を使ったりして排水口を洗浄するときは、ゴミ受けや排水トラップは外しておき、排水口が露出した状態で行うのを忘れないようにしましょう。

ゴミ受けや排水トラップの清掃・洗浄は週1回程度、排水口の洗浄は月1回程度のペースで行うと、悪臭やヌメリ、詰まりを遠ざけることができるのではないでしょうか。

また、雨水管を通って流れてきた雨水を集める雨水桝に沈殿した泥や異物も、年に1~2回程度は取り除いておきたいもの。梅雨や台風などの大雨シーズンの前には、もう少し掃除の頻度を上げてもよいかもしれません。

★調子が悪くなったら行う「大清掃」

上記のような清掃や洗浄をしていても、水が流れにくくなってきたと感じたら、水道修理業者などの専門業者に依頼して見てもらいましょう。汚れの蓄積や異物によって水が流れにくくなり、詰まりかけているような場合には、高圧洗浄などの処置が必要になります。

流れにくいと感じながらもそのまま使い続けていると、やがて完全に詰まってしまうこともあるので、早めに相談してみるのがおすすめです。

依頼先は、事前に作業内容や料金体系の説明があるなど、信頼できる業者を選ぶようにします。市に登録している指定業者が目安になるでしょう。相性のよい業者に出会うことができたら、ちょっとした不調でも相談しやすくなり、点検もお願いしやすくなるので、大きなトラブルが起こる前に処置できて安心です。

また、時々、市の委託事業などと偽って無料点検に訪れ、高額な清掃・洗浄を勧める業者もいるようです。必要のない処置を受けることのないよう、日ごろから自宅の排水管の状況に関心をもっておくとよいのではないでしょうか。

まとめ

東京都の中で、最も人口が少ない羽村市。平成3年の市制施行以降、区画整理事業も着々と進んでいます。羽村市は、都心部から離れた郊外にあるため豊かな自然にも恵まれており、子育て世代にとっても魅力的な環境です。

加えて、教育の面では現在、児童・生徒の個性を伸ばしたり、人間性・社会性を育てたりすることを目ざして市立小・中学校で小中一貫教育に取り組んでいます。取り組みの結果、学力の向上や中1での不登校生徒の減少などがみられており、子どもを育てる地としても適しているといえるでしょう。

水道事業に力を入れている羽村市で暮らすうえでは、ぜひ下水道にも関心をもちたいところ。悪臭や詰まり、逆流などのトラブルを避けるためにも、排水口の清掃はこまめに行いましょう。

汚れを溜め込むと、時間も手間も掛かる排水口の掃除や洗浄は家事スケジュールに組み込み、家族みんなできれいにするという意識をもつとよいのではないでしょうか。たとえば、排水ゴミ受けのゴミ除去は毎日、排水口の清掃や洗浄は月に2回など、自宅の状況に合わせて清掃スパンを決めておけば、つい忘れてしまうこともなくなります。

水の流れが悪くなったり、排水が詰まったりしたときには、自分で対処するよりも専門業者に依頼する方が無難。信頼できる業者を見つけておき、普段から少しでも不調を感じたらメンテンナンスしてもらっておけば、大事には至らずにすみそうです。

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし