川崎市川崎区|シンクに熱湯を流すのはアリかナシか


ふだんパスタや野菜をゆでた時の熱湯をそのままシンクに流している人も多いのではないでしょうか。実はシンクに熱湯を流すのは、キッチンで絶対にやってはいけないNGな行動です。
なぜシンクに熱湯を流してはいけないのか、川崎市川崎区の生活情報や地域の水道修理店情報と併せて、その原因について解説します。

川崎市川崎区のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

神奈川県川崎市川崎区は、北東部に位置する川崎市の中でも南東に位置しており、平たんな土地となっています。また、川崎市の中でも唯一海に面しているというのが特徴となっています。

そんな川崎市川崎区で生活する上のメリットや、人気のお出掛けスポットを紹介します。

★川崎市川崎区の特徴と生活メリットについて

川崎市川崎区は、同じ川崎市内の幸区、横浜市の鶴見区、東京都では大田区、千葉県では東京湾を介して木更津市に隣接しています。
多摩川の下流から河口にかけての南側に位置しており、海側では埋め立てによる造成が進んでいます。

人工島の扇島や南扇島がありますが、扇島は私有地となっているため、基本的には立ち入りはできません。
ただし、首都高湾岸線が走っているので、通行することは可能です。

川崎市川崎区は戦前から建築された住宅地が多いのですが、工場地帯もあり、商工混在地域となっています。

日本で最初の鉄道である官設鉄道が開業され、川崎駅が設置されたことで現在のように急速に都市化が進んでいます。
官設鉄道は現在の東海道本線となり、川崎駅は川崎区と隣接する幸区にまたがった形で設置されています。

JRの南武線、東海道線、京浜東北線、また、京浜急行が通っているため、神奈川県内で大きな駅の一つとなっており、各地へのアクセスは良好です。
また、大きな特徴となっているのが、川崎競馬場、川崎競輪場と2つの公営競技場があるという点です。休日や競技の開催日になると、多くの人が訪れます。

もともとは農業の栄えていたエリアであり、梨の品種の一つである長十郎は川崎区の発祥で、一時は全国的な栽培が行われていました。
大正に入ってから工業開発によって工業都市としての発展が進み、果樹の栽培は行われなくりました。

★川崎市川崎区でおすすめのお出掛けスポット

・アトレ川崎

川崎駅の駅ビルにあるショッピングセンター。JR川崎駅の改札口からそのまま入っていくことができる駅直結のショッピングスポットのため、利便性抜群です。
店舗数も多く、250店舗を超えており、フロアごとに食料品や生活雑貨、メンズ・レディス用品、子供用品、書籍など、何でもそろう買い物スポットです。
美と癒やしがテーマとなっていて、長時間滞在しても、飽きずに楽しく過ごすことができます。
改装されてから店舗が増えたことで取扱商品数が増え、さらに利便性がよくなったとさらに人気を呼んでいるようです。

・川崎競馬場

競馬ファンであれば、川崎というと競馬場が真っ先に浮かんでくるかもしれません。かつての競馬場野イメージとは変わり、
馬好きな人が馬を見るほか、
人気のタレントを招いてのトークショーや家族ぐるみで楽しめるイベント、ナイターなども行われているため
競馬ファンのみならず、多くの人が訪れています。広い芝生にたくさんの遊具があるエリアもあり、ピクニック気分で一日中楽しむ姿が見られます。
予約は必要ですがバーベキュー広場などもあるため、天気の良い日に家族や友人とバーベキューを楽しむことも可能です。
バーベキューを楽しみながら、大型ビジョンで競馬観戦することもできます。

・大師公園

大師公園は川崎大師平間寺に隣接した公園で、テニスコートや野球場、プールなどのスポーツ施設があります。
目玉となっているのが、瀋陽市との姉妹都市の記念として贈られた、美しい中国庭園の瀋秀園です。

広い公園には、たくさんの遊具があり、小さな子ども連れの家族に人気となっています。きれいな芝生が続いているので、お弁当を持ってピクニックを楽しむことができます。
駐車場はあまり広くないので、公共の交通機関を利用するのがおすすめです。

・川崎マリエン
川崎市が市民が港に親しめる施設として建設したコミュニティー施設です。展望台からは、海上を進む船が見えるほか、東京方面の眺めることができて、デートスポットとしても人気です。施設内には、川崎市の魅力がわかるマリエンシアターのほか、マリエンプラザでは、川崎市の将来像を知ることができます。

川崎市川崎区の統計情報

川崎区の総面積は約40.25平方キロメートルで、川崎市の中でもっとも広い区となります。川崎市の総面積が144.35平方キロメートルなので、川崎市の約3分の1を占めていることになります。

川崎市が令和元年11月1日に発表したデータによると、全域の世帯数は12万419世帯です。

人口は23万3,244人、男性が12万5,390人、女性が10万7,854人です。
平成30年10月から令和元年9月の人口の増減のデータによると、1,586人の増加がみられます。もっとも多いのが、20歳から24歳の1,596人の増加で、次いで0歳から4歳の1,576人です。
0歳から4歳と15歳から29歳の増加が顕著となっており、50歳以上では軒並み減少、全国各地で加速する少子高齢化とは少し異なる動きを見せています。

もともと川崎市川崎区は、江戸時代より東海道五十三次の宿場町として栄えていたエリアでした。
川崎駅の設置後から急速な都市化によって人口は増加したのですが、関東大震災、第二次世界大戦時の空襲で大きなダメージを受けています。
現在は東京都に隣接しているということもあり、ベッドタウンとして人口は増加しています。
人口数は多いのですが面積が広いということもあり、人口密度はそれほど高くはありません。

川崎市川崎区の水道修理店情報

有限会社松本水道工事
住所:川崎市川崎区大島3-13-8
電話番号:044-245-4311

住所:東京電機 株式会社
川崎市川崎区池田2-2-3
電話番号:044-322-5314

有限会社菊田工業所
住所:川崎市川崎区昭和2-10-7
電話番号:044-266-8033

株式会社 丸一
住所:川崎市川崎区中瀬2-8-18
電話番号:044-766-9234

株式会社 SSL神奈川社
住所:川崎市川崎区浅田2-2-13
電話番号:044-201-1160

有限会社遠藤設備工事
住所:川崎市川崎区元木1-8-7
電話番号:044-222-1234

株式会社折原設備工務店
住所:川崎市川崎区小田3-9-5
電話番号:044-333-1867

三武設備工業株式会社
住所:川崎市川崎区小田3-12-18
電話番号:044-366-0348

東都熱工業 株式会社
住所:川崎市川崎区富士見2-5-6
電話番号:044-244-7230

有限会社秋葉工務店
住所:川崎市川崎区浅田4-14-6
電話番号:044-333-8582

 

シンクに熱湯を流すのはNG?

料理でお湯を使うことは多いですが、使用後のお湯の処理まで細かく考えている人は少ないかもしれませんね。そのままシンクに熱湯を流し、「ボコッ」という音をさせているのではないでしょうか。
シンクに熱湯を流すとシンクの素材のステンレスが熱膨張で反りあがったときに大きな音を出します。
音が出るくらいはまだ良いですが、流れた熱湯はその先の排水配管にトラブルを引き起こす可能性があります。
シンクに熱湯を流すとどのようなことが起きるのか、また、対処法などについて紹介します。

★熱湯をそのまま流していると大変なことに!

排水管は塩ビといわれる塩化ビニール樹脂が使われていることが多く、最近の住宅ではほとんど使用されています。
塩ビ管は腐食に強く耐性もあるので、排水だけでなく上水にも使われています。
この塩ビ管は熱に弱く、耐熱性は62度から72度までとされています。そのため、熱湯をシンクに流すと変形したり、溶け出してしまう可能性があります。
また、塩ビ管はエスロンという専用の接着剤を使用して継手部分を接続しますが、エスロンの推奨されている耐熱性は45度のため、熱湯が流れることでエスロンが溶け出してしまい、接続箇所が外れてしまったり、水漏れを起こしたりすることも考えられます。
塩ビ管には耐熱性の高いものもありますが、それでも上限は90度なので、熱湯を流し続けると変形したり、破損したりする可能性は高いといえます。
排水管が破損すると水漏れを起こすため、水道工事業者に修繕を依頼しなくてはなりません。排水管の工事は大規模な工事となるので、高額な費用がかかるのはもちろん、自宅の中に業者が入り工事をするため、その間はキッチンも使えなくなります。

★熱湯を流す場合の対処法

パスタなどの麺類をゆでたときやカップラーメンの残り湯などをそのままシンクに流してしまいますよね。実は、その温度は100度近くに到達しているため、排水管の耐熱温度をはるかに超えてしまいます。
ですから、熱湯をシンクに流す場合は、できれば温度が下がるまで待ってから流す陽にするのが理想的です。しかし、料理をしている最中にお湯をそのまま放置することもできず、場所を取って困るため、すぐに処分したいと思うのも無理はありません。
熱湯を流すときはそのまま流すのではなく、熱湯を流す前3秒前に水道の蛇口から水を流し始め、熱湯と一緒に流すようにします。また、流した後も5秒ほど水を流すようにしましょう。
もし熱湯が多い場合は、少しずつ水と一緒に流すようにしてしてみてください。
水道代がもったいないと思えるかもしれませんが、もしも熱湯で排水管が破損して修繕することを考えた場合、そちらのほうが高くつきます。
シンクが広い場合は大きなボウルなどをシンクに置いておき、その中に熱湯を入れ、冷ましてから流す方法もあります。急ぐ場合はボウルに水を入れて温度を下げ、それから流すとよいでしょう。

★熱湯以外にもある!シンクに流してはいけないもの

シンクに流す際に気を付けたいものは、熱湯だけではありません。それ以外にもシンクに流すと、排水管にトラブルを引き起こすものもいろいろあります。
当然ながら、料理に使った高温の油をそのままシンクに流すのもNGです。理由は熱湯を流すのと同じですが、それ以外にも問題が生じます。
油は排水管を詰まらせる原因になるだけでなく、下水管を詰まらせる危険性もあります。また、下水処理場で浄化する際に大量の水が必要になるため、環境にも悪い影響を与えます。
揚げ物をした際の油を流さなければよいのではなく、通常の炒め物などをしたときの油汚れも気を付けなくてはなりません。
大量の油は固めて捨てる、通常の油汚れは洗う前にキッチンペーパーでふき取ってから洗うようにするなど工夫すると、排水管を傷めずに済みます。
また、食べ残しや調理のときの野菜くずを少しくらい大丈夫と思って排水口に流してはいけません。
食べ残しや野菜くずなどは、排水管や下水管を詰まらせてしまう原因となるため、排水管にトラブルを起こしてしまうこともあります。水気を切って、自治体の指定する方法でゴミとして捨てるようにしましょう。
熱湯をそのまま流すのもNGですが、麺類のゆで汁をそのまま流すのはもっとNGです。麺類をゆでると小麦粉などのかたまりができるため、排水管が詰まりやすくなってしまいます。
また、水溶きかたくり粉も排水管内で沈殿してしまうため、流さないようにしましょう。

まとめ

川崎市川崎区は商業施設や飲食店も多く、生活しやすいエリアといえます。また、飲食店に関してはジャンルも幅広いため、外食中心の生活でも飽きることはなさそうです。遅くまで営業しているお店も多いので、生活しやすいエリアといえるでしょう。

そんな川崎市川崎区で快適な生活を送るため、気を付けたいのが排水管を破損させないよう、シンクに熱湯を流さないことです。
大切なのは急激な温度変化を与えないことですが、寒い季節は熱湯を使う料理も多く、排水管にトラブルを引き起こしてしまうこともあるでしょう。
やむを得ず排水管にトラブルが起きた場合、すぐに水道修理業者に連絡し、対処してもらうことが必要です。


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし