川崎市中原区|下水道のつまりは事前に対処することができるのか


下水道関連の気になる症状として、もっとも多いのが「排水がよくない」「スムーズに流れない」というものです。そのような場合「いずれ詰まってしまうのでは」と不安を抱えている方もいるのではないでしょうか。下水道のつまりは、事前に対処できるものなのでしょうか。

そこで、ここでは川崎市中原区の生活情報や地域の水道修理店情報などと共に、気になるポイントを解説します。

川崎市中原区のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

神奈川県川崎市のほぼ中央に位置するのが、中原区です。多摩川に沿う形で平たんな土地が広がっており、住宅と生産緑地がバランスよく広がっています。

そんな川崎市中原区で生活する上でのメリットや人気のお出掛けスポットを紹介します。

★中原区の特徴と生活メリットについて

中原区は東京都に隣接するエリアです。多摩川を挟んだ向かい側には、23区内でも落ち着いた雰囲気が魅力の、目黒区が広がっています。歴史的にも文化的にも、そして経済的にも、川崎市中原区は、東京の影響を強く受けてきました。産業や商業、交通など、さまざまな面において、東京を意識した開発・発展が進められてきたのです。

そんな中原区は、もともと江戸と平塚の中原を結ぶ中原街道が通るエリアとしてにぎわっていました。江戸時代には、人や物が数多く行き交っていたのです。東海道が整備されたのちは、それまでのように注目される機会は減ったものの、脇道として多くの人々の生活を支えてきたという歴史があります。

中原区のアクセスの拠点となるのは、JR南武線と東急東横線が乗り入れる、武蔵小杉駅です。先ほど挙げた2路線以外にも、JR横須賀線やJR湘南新宿ライン、東急目黒線を利用でき、非常に便利です。東京の都心部や横浜の主要駅まで乗り換えなしで行けますから、通勤通学の利便性も非常に高くなっています。

中原区と東京の結びつきが強くなったきっかけは、1935年に丸子橋が完成したことでした。この橋がかかったことによって、対岸への行き来が非常に楽になりました。それ以降、東京はもちろんのこと、横浜や川崎南部地域にとっても、利便性の高い郊外型住宅地として発展を遂げていきます。人が増えることにより、華やかな商業施設も続々とオープンし、今のように暮らしやすい環境ができあがっています。

もともとは製造業の拠点として発展してきた中原区ですが、近年では大規模な移転に伴う再開発が進められています。数十年前と比較すると、特に武蔵小杉駅周辺の景色は大幅に変わっており、今後もまだまだ再開発が進められている予定となっています。

東京から程よい距離で、再開発が行われ利便性の高いまちに住みたいと思う方にとって、川崎市中原区は非常に魅力的な街だと言えるでしょう。特に子育て世帯に人気のエリアです。

★中原区でおすすめのお出掛けスポット

中原区で生活するなら、休日のお出掛けもぜひ近場で楽しんでみてください。中原区で人気の、お出掛けスポットを紹介します。

・川崎市市民ミュージアム

川崎市市民ミュージアムは、「都市と人間」を基本テーマに掲げる文化施設です。施設内には、博物館と美術館の複合文化が楽しめる仕掛けが用意されています。館内では、川崎の成り立ちと歩みについて、さまざまな側面から学ぶことができます。考古、歴史、民俗など、あらゆる視点で展示を楽しんでみてください。

川崎市市民ミュージアムでは、幅広い年代の方々の興味をぐっと惹きつけるような、魅力的な企画展も多数行っています。年間スケジュールをチェックの上で、お出掛けしてみてください。

・グランツリー武蔵小杉

グランツリー武蔵小杉は、武蔵小杉駅から徒歩4分のところにある、大型商業施設です。日常的なお買い物はもちろんのこと、家族みんなで遊んだり、食事を楽しんだり、リラックスして過ごしたりと、思い思いの過ごし方で楽しめるでしょう。

グランツリー武蔵小杉のテーマは「愛」で、お客さまへの愛を大切にしたショッピングモールです。地域住人だけではなく、東京方面からも多くの人が訪れる、人気の施設です。

・等々力陸上競技場

等々力緑地内にある陸上競技場ですが、サッカー場としても使われ、川崎フロンターレのホームスタジアムとなっています。試合が行われる日には、大人から子どもまで、多くのファンでにぎわっています。

スタジアムグルメも充実していて、サッカー観戦もより一層楽しくなるでしょう。ただし試合日の駐車場は大変混雑します。こまめに情報をチェックするほか、可能であれば公共交通機関の利用がおすすめです。

川崎市中原区の統計情報

川崎市中原区の面積は、14.81平方キロメートルです。川崎市内には全部で7つの区がありますが、中原区の面積は幸区に次いで2番目に小さいものとなっています。令和元年9月1日のデータによると、このエリアの中に261,648人が居住しています。人口の内訳をみてみると、男性が133,246人で女性が128,402人です。

平成28年度に行われた調査によると、当時の0~14歳の人口割合は、全体の12.9%でした。15歳~64歳までの生産年齢人口の割合が71.8%で、65歳以上の人口割合が15.2%です。働き盛りの方が非常に多く居住しているエリアだと言えるでしょう。ちなみに平成29年のデータによると、中原区の外国人住民人口は4,678人です。

少し古いデータにはなりますが、平成26年における中原区内の事業所数は7,285事業所です。平成28年度における区内の幼稚園数は13園で、小学校数は19校、中学校数は10校となっています。

面積で見るとそれほど大きくはない中原区ですが、実は川崎市内において、もっとも多くの居住者を有する区でもあります。よって、川崎市内の中ではもっとも人口密度が高い地域であると言えるでしょう。

川崎市中原区内の人口は、平成に入って以降、緩やかに上昇し続けています。特に平成20年ごろ以降は、人口の増加スピードもやや上昇しています。もともと都心部との連携が強いエリアであり、さらに再開発により注目度が高まった結果だと言えるでしょう。

川崎市中原区の水道修理店情報

・生活水道センター  神奈川県川崎市中原区中丸子1261 0120-979-058
・株式会社富士設備  神奈川県川崎市中原区下小田中5-14-1 044-755-7200
・鹿島環境設備株式会社  神奈川県川崎市中原区下小田中6-9-33 044-777-1441

 

 

下水道がつまる前の事前対処法について

下水道管は、私たちの生活の中で出た汚水を、下水処理場まで運ぶための設備です。普段その存在を意識することはありませんが、快適な生活を維持するために、非常に重要な役割を担っていると言えるでしょう。何気なく下水道管を使っているうちに、つまりトラブルに見舞われてしまうことがあります。下水道のつまりに関する情報と共に、事前対処法を紹介します。

★下水道管が、どこでつまりそうになっているのか

汚水を運ぶための排水管・下水管は、私たちの家の排水口から、下水処理工場までつながっています。排水がスムーズにいかなくなった場合には、下水道がつまっている、もしくはつまりかけていると予想されますが、具体的に「排水管・下水管のどこで異常が生じているのか」によって、対処法は大きく変わってきます。

まず、汚水が排水される仕組みについてですが、排水口からつながった排水管は、自宅の敷地内を通って、公道の地下などに設置されている下水管へと接続しています。敷地内の下水道にてつまりが発生している場合には、基本的に住人が自分で処置したり、水道修理業者を手配したりする必要があります。一方で、公共の下水管の方に異常が生じているのであれば、市の水道担当部署へと連絡しましょう。川崎市中原区にてトラブルに見舞われた場合には、区の担当部署を探してみてください。

では具体的に、どこでつまりそうになっているのかを見極める方法についてですが、まずは自宅の敷地内からチェックを始めていきましょう。排水がスムーズにいかない箇所が一つであれば、その排水口の近くでつまりかけていることが考えられます。自宅全体の排水がスムーズにいかない場合には、屋外に設置された排水桝を開けて、内部をチェックしてみてください。敷地外の下水管まで、要所ごとに設置されていますから、順番に確認していきましょう。

自宅内に異変がなければ、敷地外でのトラブルについて疑った方が良いかもしれません。近隣のお家に異変が起きていないかどうか確かめると共に、自治体の窓口にて相談してみるのもおすすめです。

★下水道のつまり、気になる事前対処法とは?

下水道は、完全につまってしまうと対処が難しくなってしまいます。排水管や排水桝から汚水が逆流すれば、近隣住民の方にも迷惑をかけることになってしまうでしょう。早急に水道修理業者を呼び、対応するのが望ましいですが、この場合やはり出張費用や工事費用、清掃作業費用などがかさんでしまいます。

だからこそ大切なのは、下水道のつまりに対して、生活の中でできる事前対処法を実践するということです。具体的な対処法としては、以下のようなものが挙げられます。

・汚れやゴミをなるべく流さない

キッチンで出る油汚れや、バスルームの排水口から流れる髪の毛は、排水管や下水管をつまりやすくする原因の一つです。流したからといってすぐにつまりが発生するわけではありませんが、長い年月の中で、着実に汚れは蓄積していきます。

「油まみれのフライパンを洗う際には、いったん古紙で拭く」「お風呂のお湯を抜く前には、浮いた髪の毛を除去しておく」といった日常の工夫の積み重ねが、つまり予防につながります。

・定期的に排水口掃除をする

どれだけ気をつけていても、汚水に混ざるゴミや汚れを、完全に除去することはできません。だからこそ大切なのが、定期的な排水メンテナンスです。排水口から流して使うタイプのクリーナーや、パイプ掃除専用グッズも多数販売されていますから、ぜひ活用してみてください。排水口の気になる臭い対策としても有効です。

・定期的に排水桝の清掃をする

排水桝は、下水道をつまらせないための工夫の一つです。排水桝内に自然と汚れが溜まるようになっているため、この汚れを除去することが、つまりを発生させないための事前対処法となります。

方法は簡単で、桝のふたを開けたら、内部に溜まっている汚泥を取り除いたら水で流して完了です。排水桝の状態にまで定期的に目を配ることで、ある日突然つまりトラブルに悩まされる可能性は激減するでしょう。

★長期間メンテナンスをしていない場合は、プロのチェックがおすすめ

つまりに関して気にはなっているものの、「これまであまり積極的にメンテナンスしてこなかった」という場合には、水道修理業者を呼んで、一度状態をチェックしてもらうのもおすすめです。「なんとなく下水道の調子が悪い」という段階で業者の手を入れることができれば、深刻なトラブルを悪化する前に予防することができるはずです。

もともと下水管は、20年以上使用したら、交換工事も視野に入れておきたいところです。管そのものが劣化すれば、やはり汚れが蓄積しやすくなってしまいますし、つまりトラブルも発生しやすくなってしまいます。下水管の状態をチェックしてもらう意味でも、専門業者によるチェックを依頼してみましょう。

下水管の状態が良く、まだまだ使える場合でも、一度徹底的にクリーニングしてもらうことで、その後のつまりの事前対処法も実践しやすくなるはずです。メンテナンスを施さないまま放置した排水桝や排水管のお掃除は、決して簡単なことではありませんし、やはり汚れや臭いも気になってしまいます。一番大変なところを業者に依頼するだけでも、負担はぐっと軽減できることでしょう。

まとめ

再開発が進む川崎市中原区は、近年、非常に住みやすいエリアとして注目を集めています。駅周辺には商業施設も豊富に揃っていますし、日常的な買い物や休日のお出掛け先で困ることはないでしょう。また都心部や横浜などへのアクセスも抜群ですので、通勤・通学にも便利な立地だと言えます。

こうした生活メリットが高く評価され、近年人口数が非常に伸びてきている点も、川崎市中原区の特徴と言えるでしょう。

そんな川崎市中原区で快適な生活を送る上で、ぜひ意識したいのが、下水道のつまりを避けるための事前対処法についてです。毎日何気なく使用している排水口や排水管ですが、その性質上、どうしても汚れやゴミが蓄積しやすい環境にあります。こうした汚れに気を配り、日常的にメンテナンスを行うことが、トラブル予防のカギとなるでしょう。

また、長らくメンテナンスを行っていない場合には、一度水道修理業者の手で状況を確認してもらうのがおすすめです。トラブルが起きていないことを確認し、一度きれいな状態に整えてもらうことで、その後のメンテナンスもしやすくなります。下水管・排水管を守ることにもきっとつながるでしょう。

川崎市中原区での水道修理店探しは、信頼できる業者かどうかを見極めた上で、慎重に依頼するようにしましょう。

 

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし