小平市|シャワーホースから水漏れが起こっている場合の対処方法


家庭での水道トラブルでよく起こりがちなシャワーホースから水漏れが起こっている場合、自分で対処できるケースと専門の業者に依頼して修理してもらうべきケースとがあります。小平市のエリアの情報をはじめ、自分でできる水道トラブルの対策や小平市でシャワーホースからの水漏れがあった場合に連絡したい専門業者をまとめました。

小平市のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

小平市は、東京都の中でも多摩地域と呼ばれるエリアに位置しています。
都心からは直線距離で26kmほどと少し離れていますが、都心へのアクセスもよく、ベッドタウンとして発展してきました。一方で学園都市としての側面もあり、子供からお年寄りまで幅広い世代にとって暮らしやすい自然豊かな街として知られています。青梅街道が市の中心部を東西に横断し、これと並行して五日市海道や東京街道、新青梅街道など各街道があり、交通の要所となっています。その五日市街道に沿うように玉川上水が流れており、春は桜、初夏はケヤキ並木と四季折々の美しい自然を楽しむことができる人気の散歩コースでもあります。

小平市エリアの特徴やおすすめのお出掛けスポットをご紹介します。

★小平市の特徴と生活メリットについて

多摩地域にある小平市は、東京23区内への通勤率がおよそ3割と、ベッドタウンとしての側面が目立つ街です。それに加えてブリヂストンなどの大きな企業の工場を擁していることなどから、人口の流入が著しい街でもあります。大正末期に計画された学園都市構想を現代まで引き継いでいて、津田塾大学をはじめ一橋大学の小平キャンパス、白梅学園短期大学、武蔵野美術大学、嘉悦女子短期大学、文化学園大学と、ひとつの市内に6つの大学があり、全てを合わせると1万人を超える学生が小平市で勉学に励んでいます。

都心へのアクセスもよく、新宿駅までは西武新宿線で1本約34分で到着します。距離があるため東京駅などへは1時間弱かかってしまいますが、乗り換えは1回で済みますし、道のり自体はとても簡単。時間に余裕さえ持てば、迷うことなく都心の主要な駅に行くことができます。
一方で都心から離れたエリアということもあって、自然がとても豊かで、新宿まで電車で1本とは思えないほど緑が多く空気もきれいです。また、静かな住宅地といった趣が強い場所ですが、地元で開催されるイベントは案外たくさんあり、休日も退屈しないのがうれしいところ。わざわざ都心まで出なくても、駅前まで行けばほとんどの用事は済ませられる街になっているのも便利です。

★小平市でおすすめのお出掛けスポット

・ブリヂストンTODAY
車などのタイヤで有名な企業であるブリヂストンですが、その工場が小平市にあることから、ブリヂストンTODAYというミュージアムも小平市につくられました。タイヤの作り方やその歴史など他の博物館などではあまり見ることのできない展示ばかりで、子供から大人まで楽しめます。

・江戸東京たてもの園
金井公園内にある野外博物館である江戸東京たてもの園には、江戸時代や大正時代に建てられた建物が点在していて、実際に自分で中に入って見学することができます。歴史や文化に興味がある方におすすめです。

・玉川上水
川から水が引きにくかった小平市エリアは、玉川上水が整備されてから人が多く住むようになったという歴史を持っています。現在も変わらず流れている玉川上水は、その景観の美しさに加えて文豪・太宰治ゆかりの地でもあり、多くの人が訪れる観光スポットとなっています。

小平市の統計情報(人口、世帯数等)

小平市は、東京都の多摩地域、武蔵野台地上にある、面積20.51平方キロメートルの市で、北緯35度43分41.8秒、東経139度28分41.5秒、標高は76.641メートルです。
人口の総数は193,596人で、そのうち男性が95,312人、女性が98,284人です。世帯数は91,602世帯で、人口は全体的に増加傾向にあります。外国人の住民は全体で5,204人で、23区内などと比べると比較的少なめであることがわかります。中でも多いのは中国人で1,949人、次いで韓国・朝鮮が1,600人です。それ以外にはフィリピン人が265人、アメリカ人が107人で、その他イギリスやオーストラリア、ブラジル、タイなどさまざまな国から住民が集まっています。
年齢別の人口を見てみると、ぐっと人口が増えるのは20代前半からです。これは、小平市にはたくさんの大学があり、学生が多く暮らしていることが理由として挙げられるでしょう。大学を卒業する25歳以上の世代になると男女ともに1,000人ほど人口が減りますが、その後30代からまた人口が伸びはじめ、40代後半から50代前半ほどまでの働き盛りの世代がとても多いことがよくわかります。小平市はベッドタウンとしての側面もある他、大きな工場があることもその理由になっていそうですね。

小平市の水道修理店情報

・トイレつまり・トイレ修理サービス水の救急車JBR24 東京都北区滝野川3-36 0120-50-62-17
・JMS株式会社 東京都板橋区大山東町53-6-2F 0800-500-7333
・生活水道センター 東京都大田区池上8-5-2 0120-979-058
・水110番 東京都港区東麻布2-32-10 東麻布SSビル5F 0120-923-426
・生活トラブル救急車 東京都港区南青山2-2-15ウィン青山942 0120-896-893
・アクア救急センター 東京都中央区銀座3-13-4-4B 0120-441-599
・東京水漏れサポートセンター 東京都練馬区春日町6-16-11-2F 0120-951-899
・住まいる水道 東京都練馬区北町5-10-21 0120-365-253
・株式会社ジェイアイ総合設備 東京都小平市大沼町2-34-17 042-313-2772
・有限会社西山冷熱 小平市大沼町5-18-15 042-345-3775
・有限会社師岡総合設備 東京都小平市小川町1-213-2 042-341-4133
・株式会社ゴトーテクノサービス 東京都小平市小川町1-512-50 042-313-6594
・有限会社稲田工業 東京都小平市小川町1-843-13 042-344-1959
・株式会社入江設備 東京都小平市小川町1-1011 042-341-2523

 

シャワーホースから水漏れが起こっている場合の対処方法

シャワーホースからの水漏れは、自分でも修理ができるケースも少なくありません。もちろん困ったときには専門業者に依頼するのが良いですが、自分で解決できるのであればそれに越したことはないでしょう。シャワーホースの水漏れの原因や、その原因別の修理の方法など必要な情報をご紹介します。

★シャワーホースは経年劣化が原因で水漏れすることが多い

シャワーホースの水漏れの多くが、経年劣化による部品の破損などが原因です。普通に使っていても、長年使っているとどうしても劣化は避けられないものです。シャワーホースの耐用年数は一般的に5年から10年ほどとも言われていますので、それ以上の期間使っているシャワーホースが水漏れしてしまった場合には、経年劣化によるトラブルが原因とみていいでしょう。
水漏れの箇所はホース本体、もしくはシャワーヘッドとシャワーホースが接続されている部分が主ですが、トラブルが起きる原因はおおむね経年劣化です。
経年劣化による具体的なトラブルはどんなものがあるかというと、たとえばホースのどこかに傷ができて穴が開いてしまったり、裂けてしまったり、シャワーヘッドとホースを接続している部分のパッキンが劣化してきちんと水漏れを防げなくなってしまったり、といったものがあります。

★シャワーホースの水漏れ箇所別修理方法

・ホース部分に穴が開いている場合
シャワーホースそのものから水漏れしている場合には、ホース部分に穴が開いていることが考えられます。ぱっと見て気がつきにくい場所に穴が開いてしまっていることもあるので、水漏れに気がついたら全体をしっかり確かめてみてください。
シャワーホースの穴をふさぐために必要なのは、自己癒着テープ、そしてパワーテープです。
自己癒着テープというのは、テープどうしがしっかり接着する性質を持っているもので、ホームセンターやネット販売で購入することができます。このテープは種類も豊富で、水漏れの場所や漏れ具合によって最適な材質は異なります。どのようなテープが一番合うのか調べてみるとよいでしょう。

水気が残らないようきちんと拭いてから自己癒着テープを数回巻きつけ、その上からパワーテープを巻き付ければ補修は完了です。
ただ、先ほどご紹介した通りシャワーホースに穴が開いたりするのは経年劣化によることが多いです。長年使っているシャワーホースであれば、その部分の穴をふさいでもまた別な箇所にトラブルが起きる可能性も十分考えられます。テープでの修理はあくまでも応急処置ですから、できるだけ早く水のトラブルの専門家であるプロに相談し、シャワーホースそのものを新しい物に取り換えるのがおすすめです。

・シャワーヘッドとシャワーホースの接続部分から水漏れしている場合
シャワーヘッドとシャワーホースを接続する部品そのものに問題があって水漏れしているときには、その部品を交換することで修理できます。
経年劣化でトラブルが起きるのはパッキンやOリングが多いので、水を止めた状態でシャワーホースとシャワーヘッドを取り外して分解し、内部にあるパッキンやOリングを取り出して新しい物に取り換えましょう。パッキンもOリングもホームセンターなどで購入できますが、シャワーホースやシャワーヘッドによってサイズなど合うものが違います。自宅のシャワーのメーカーや型番をしっかりとチェックして合っているものを選びましょう。

・シャワーホースと水栓部分から水漏れしている場合
シャワーヘッドとの接続部分ではなく、水栓との接続部分から水が漏れてしまうこともあります。
シャワーホースと水栓との接続部分にはL字型の金具が使われており、これを「エルボ」と呼びます。シャワーホースと水栓との接続部分から水が漏れてしまう場合、パッキンの劣化もしくはこのエルボと呼ばれる金具の劣化が原因と考えられます。
エルボに関しても、パッキンやOリングと同じように新しい物へと交換すれば水漏れを防ぐことができます。エルボにはカギ爪式とねじ込み式の2種類の形状があるので、どちらのタイプが自宅のシャワーに使われているかをちゃんと確かめてから新しいものを購入しましょう。不安な場合には、現物を取り外してホームセンターなどへ持っていくか、型番をメモに控えてスタッフに同じ型の物を用意してくれるようお願いしましょう。

水が漏れている箇所をはっきり特定できない、もしくはこれらの修理方法を試してみたがうまくいかない、取り換えたい部品の取り外しがサビなどのせいでうまくできないなど、ほかにも問題がある場合にはシャワーホースやシャワーヘッドそのものをまるごと交換してしまうのもおすすめです。道具さえあれば自分でも十分可能な作業ですので、水漏れの箇所が多い場合なども思い切って交換してしまいましょう。

★自分の手に負えない、と感じたら迷わず専門業者へ依頼を

シャワーホースからの水漏れは、原因やトラブルが起きている箇所にもよりますが、他の水道関係のトラブルと比べると比較的自分でも対処しやすいことが多いです。ある程度の道具や知識さえあれば問題なく修理や部品の交換ができますし、部品や道具もホームセンターやネット通販を使えば簡単にそろえられるので、シャワーホースを長年使っているという方は今トラブルが起きていなくても、なにかあったときのために今から準備しておくのもいいですね。
とはいえ、時には自分では対応しきれないというケースもあるかと思います。また予備知識もなく、何の準備もできていない状態で水漏れが起こると、自分ではなかなか対処しにくいですよね。そういったときには、迷わず水道トラブルの専門業者であるプロへ依頼するようにしましょう!

まとめ

多摩地域の中でも都心へのアクセスがよく、電車一本で新宿まで行くことのできる小平市。その利便性の良さと自然豊かで穏やかな街並みから、ベッドタウンとして長年愛されています。
また大学が6つと数多くあることから、学園都市として若い世代の人々も多く暮らしている街でもあります。年齢別人口を見てみても、大学生から働き盛りの40〜50代の人々まで、いわゆる生産人口と呼ばれる年代の人の数が多く、穏やかでありながらとても活気のある街なのだということがわかります。
そんな緑豊かで駅前に出れば大抵の用事が済んでしまう便利な小平市での暮らしですが、気をつけたいのは水周りのトラブルです。シャワーホースは経年劣化で傷がついたり穴が開いたりしやすいほか、接続部分の部品も長年使い続けることで不具合が出る可能性が出てきます。もしものときには、適切な対処ができるようにしておきたいですね。

 

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし