幸手市|今も汲取式・浄化槽のトイレ!?早く公共下水に切替した方がよい理由とは


トイレは、汲取式、浄化槽、そして公共下水と時代と共に移り変わってきています。現在でも汲取式・浄化槽のトイレを利用している人はいるのですが、早めの切り替えをおすすめします。なぜ公共下水がよいのか、その理由やメリットを説明したいと思います。また合わせて、埼玉県幸手市の魅力やおすすめスポットも紹介していきます。

幸手市のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

幸手市は、埼玉県北東部にあり、面積や33.93平方キロメートル、人口も5万人ほどのまちです。地形は平坦で、最も標高が高いところでも15.9メートル、最も低いエリアは4.7メートルと、市全体でほぼ標高差がなく、住みやすい地域です。幸手市は桜が有名な市でもあり、市章には桜の絵柄と幸手市の「幸」の文字を組み合わせたデザインが描かれています。

★幸手市の特徴と生活メリットについて

幸手市は、日光街道と御成道が合流し、古くから宿場町として栄えた地域です。都心からの比較的近い場所でありながら、自然が豊かで心和む風景が広がっています。近年高速道路ネットワークが進展し、圏央道、東京外環自動車道などと一体となり、アクセスが飛躍的に向上しています。圏央道幸手インターチェンジ近くでは、産業団地が集積し、物流の拠点ともなっています。

幸手市は、子育て世代にやさしいまちであり、「子育て応援日本一」をめざしています。たとえば、子育て応援サークルの女性、中学生までの医療費無料化、学校給食費の補助などがあります。また、家族で楽しめるお出かけスポットも沢山あるので、アクティブなファミリー層にぴったりです。その一方で、賃貸相場は比較的安いため、住みやすい環境と言えるでしょう。

★幸手市でおすすめのお出掛けスポット

・権現堂公園

幸手市の中でも北東にあり、南栗橋駅から徒歩ですぐのところにあるのが権現堂公園です。特に有名なのが、「幸手さくら祭り」です。毎年3月から4月にかけて開催されており、1kmに渡る幸手権現堂桜堤には1000本以上のソメイヨシノが咲き誇り、桜のトンネルを作ります。さらにその隣には、菜の花が作付けされていて、桜のピンク色と菜の花の黄色のコントラストはまさに絶景です。
他にも、あじさいまつり、曼珠沙華祭り、水仙まつりなど、季節ごとに咲き誇る花を見ることができるので、桜の季節以外にも楽しめます。
公園の北には、多目的運動広場があります。幸手市と久喜市にまたがる広場になっていて、少年野球やグラウンドゴルフが楽しめる球技広場などがあり、地域の人に活用されています。他にも、一面が芝部の多目的広場や大型帆船を模した遊具もあるので、休日には子ども連れの家族で賑わっています。

・幸手市営釣り場神扇池

幸手市の東側にあるヘラブナ専用釣り場が幸手市営釣り場神扇池です。広大な池には7つの桟橋があり、総座席数は456席と大きな釣り場です。朝5時30分から夕方の16時までと営業時間が普通のレジャースポットとは異なるため、早めに行くのがよいでしょう。ヘラブナは座りながら網をすくうように釣るやり方なので、座りながらゆったりと釣りを楽しむことができます。ロケーションも良く、富士山、日光連山、筑波山を見渡せる場所にあります。駐車場は無料で、入場料は大人1日券が1800円、小学生以上~18歳以下は800円になっています。アクセスに関しては、駐車場は200台分あります。公共機関の場合、電車とバスを利用する必要があります。
ヘラブナ釣り大会や、子ども釣り教室などのイベントもあるようなので、事前に確認してから行くのがオススメです。

・東武動物公園

幸手市ではありませんが、幸手市と春日部市のちょうど中間地点にある東武動物公園も見逃せません。とくに東武動物公園は、動物園も遊園地も楽しみたいという欲張りな願いをかなえてくれるスポットであり、家族連れ、友達同士、カップルなど、多くの人が楽しめる施設になっているからです。
おすすめは「水上コースター」。なんと世界初の木製のジェットコースターです。水の上を走り続けるコースターは、地上37mの差後部から一気に落下する時は、あまりの迫力に思わず絶叫してしまうことでしょう。絶叫マシン好きなら、東武動物公園の二大絶叫アトラクションでもある、「新滑空水上コースターカワセミ」も体験しておきたいところです。
動物園では、120種類ほどの動物がいくつかのエリアに別れて飼育されています。アルパカやヤギなど実際にふれあえるエリアもあり、楽しみながら動物の生態を学ぶことができます。
レストランや売店では「くまさんのカステラ」をはじめ動物をモチーフにしたメニューがあり、「あまりのかわいらしさに、食べるのがもったいない」と評判をよんでいます。

幸手市の人口統計情報

幸手市の人口は、2020年1月の段階で50,886人となっています。人口の推移を見てみると、1995年には58,172人であり、ここがピークとなっており、ここ数年横ばいで目立って減少しているわけではありません。しかし、日本国内の他市町村と同様に、少子高齢化、人口減少にいかにして歯止めをかけるかが課題となっています。これに対して、幸手市では、「教育・子育て支援の充実」「医療・介護・福祉野充実」「公共施設の再編・整備」「災害に強いまちづくり」といった視点からアプローチを図るなどして、対策に乗り出しています。とくに、未来を担う子どもたちが健やかに成長できる環境づくり、子ども一人ひとりが輝ける教育の推進に力を注いでいます。幸手市は、賃貸の安さや静かな環境などを売りにし、子どもを伸び伸びした環境で育てたい、仕事とプライベートのバランスがとれた、充実した人生を送りたいという人にはぴったりと言えるかもしれません。

幸手市の水道修理店情報

・木村工業株式会社 幸手市中4-12-25 0480-42-9335
・有限会社新井設備 幸手市円藤内753 0480-42-2952
・関根設備工業株式会社 幸手市中1-12-33 0480-42-0087
・有限会社溝口設備工業 幸手市中1-2-6 0480-42-9266
・有限会社スズキ 幸手市中1-7-28 0480-42-0622
・ダイキ建設 幸手市北1-22-21  0480-43-2108
・野口商事有限会社 幸手市中1-5-8 斎藤ビルB 0480-40-1545
・株式会社山田設備 幸手市惣新田1255-1 0480-48-1238
・野口水道工業所 幸手市中1-15-32  0480-42-0649
・黒川設備 幸手市南1-4-21  0480-42-4651
・有限会社石塚設備 幸手市東2-16-7 0480-42-0425
・有限会社水上設備工業 幸手市平須賀2-339-6 0480-47-3739

 

汲取式・浄化槽から公共下水に切り替えがおすすめ

みなさまの家庭のトイレはどうなっているでしょうか。現在は下水道が整備されております公共下水が利用されておりますが、かつては汲取式・浄化槽が一般的でした。ただ一部の地域では、まだ汲取式・浄化槽のトイレを利用しているところもあります。実はこれらは公共下水に切り替えすることができます。では、切り替えることでどんなメリットがあるのかについて、ご紹介します。

★汲取式・浄化槽のトイレとはどんなものなのか

まず、汲取式・浄化槽のそれぞれの特徴を紹介したいと思います。汲取式は、家庭から出るトイレの汚水を、そのまま便槽と呼ばれるタンクに貯め込みます。この便槽には汚水を浄化する機能はありません。そのため、あふれてしまわないように、定期的にバキュームカーで汚水をくみ取る必要があります。かつてはそこら中にバキュームカーが走っていた記憶がある人もいるかと思います。
汲取式のトイレは、いわゆる「ボットン便所」などとも呼ばれています。直接便槽に流すタイプなので、臭いがきついという難点があります。ハエの発生源になることもあります。また、便槽の中に誤って物を落としてしまったら、最悪な事態になってしまったという経験の持ち主もあるのではないでしょうか。
汲取式には、簡易水洗と呼ばれるタイプもあります。これはボットン便所の上に水洗便器を取り付けたものです。見た目は洋式の水洗便所なので利用する上では違和感はありません。ただ、やはり便槽に直接流すため、臭いはします。そしてトイレを使った時に水を利用するため、汚水が溜まるペースが速いです。

次に浄化槽ですが、家庭から出るトイレの汚水や、台所・お風呂・洗面所から出る雑排水を、個人の敷地内の浄化槽で浄化するための仕組みです。浄化した排水は、前面道路の側溝や用水路をたどって河川に排出されます。浄化槽は微生物によって汚水を分解する仕組みです。定期的に清掃や点検をしなければならず、法律でも定められています。最低でも年に1回の清掃は必要となります。また、浄化槽にも2種類あり、合併浄化槽と単独浄化槽で異なります。合併浄化槽は家庭から出る汚水はまとめて浄化槽で処理します。一方、単独浄化槽は、トイレから出る汚水のみ処理します。雑排水はそのまま用水路などを伝って河川に排出されますので、現在は設置が禁止されています。つまり、現在でも利用されている浄化槽は合併浄化槽ということになります。

★公共下水とは?

では、公共下水とは一体どんな仕組みのことを言うのでしょうか。簡単に説明すると、各家庭から排出される汚水や雑排水、そして雨水等が個別に洗浄処理することなく、道路の下を通っている下水管を利用して排出されます。そしてひとまとめになったものが終末処理場と呼ばれる施設に送られ、そこで汚染された水を浄化処理し、河川などに放流する仕組みのことです。そして、汚水をまとめて処理して放流する施設のことを、公共下水道と呼んでいます。
現在の家庭の排水はほとんどが公共下水を利用しています。そして公共下水には二種類存在します。一つ目が、分流式であり、トイレから排出される汚水と、お風呂場や台所から排出される雑排水のみを、終末処理場まで送り、雨水は処理の対象外としています。
もう一つが合流式であり、分流式とは違い、家庭から出る汚水や雑排水と雨水を全て人まとめにし終末処理場まで送水し、一括処理します。
ただ、合流式は、一定量を超える降雨が合った場合、汚水が未処理のまま雨水と一緒に河川に流されてしまうという問題がありました。また、局地的豪雨があると、合流管の排水処理能力を超えてしまい、汚水が溢れてしまうこともあります。よって、1970年に下水道法改正が行われ、公共下水道は、原則として分流式となっているのです。

★なぜ切り替えした方がよいのか

では、なぜ汲取式・浄化槽から公共下水へ切り替えした方がよいのでしょうか。一番の利点は衛生面にあります。下水道にすることで、側溝や河川に汚水を流さなくなりますので、衛生的になります。そして悪臭に悩まされることもありません。近年、台風や局地的な豪雨によって、水があふれかえってしまうニュース映像をよく目にする機会があったのではないでしょうか。もし浄化槽から水があふれてしまったら、汚水が周辺へと流れ出てしまうため、大変なことになります。日本の今後の環境を考えると、公共下水に変更するメリットは大きいでしょう。

また、汲取式の場合は、定期的にバキュームカーに来てもらう必要があります。浄化槽は最低でも年に一度は清掃をしなければなりません。そうした維持をするための手間もかかるのがネックです。公共下水であればそうした面倒なことは一切ありませんので、非常に楽です。
もし切り替え工事をした場合、費用はかかってしまいますが、今後長く住み続ける予定があるのであれば、切り替え工事をお薦めします。導入後は、下水道使用料金がかかりますが、それほど高い費用ではありません。衛生面や煩わしさなどを考えると、圧倒的に公共下水の方が利点は大きいです。
工事費用としては、浄化槽の処理が容易であり、配管の改修が少なければ30~40万円ほど、浄化槽処理や配管回収に費用がかかる場合は、50~70万円が相場です。もし切り替え工事を検討する場合は、近くの水道業者に相談し、見積もりを出してもらうとよいでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか。汲取式、浄化槽、そして公共下水の違いについて説明してきました。時代と共に、汲取式・浄化槽は少なくなってきておりますが、利用しているところも少なくありません。公共下水は衛生的であり、利用者にとって非常に手間の少ない方式です。近年頻発している台風や豪雨などを考えると、早めに切り替えることをおすすめします。

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし