品川区の漏水で水道料過多!水道業者を探すポイントと依頼のタイミング

品川区の住宅で漏水による事例や水道業者の選び方やNG行為などをご紹介いたします。

良くある漏水事例ですので、ご参考ください。

・品川区の漏水事例
・水道業者を探すポイント
・依頼するタイミングとは
・業者到着前までにやっておきたいこと
・これはNG!!やってはいけないこと
・漏水減額措置
・まとめ

品川区の漏水事例

品川区水道業者

品川区のお宅でトイレタンク内のオーバーフロー管が破損し、水漏れが続いていました。

 

原因はトイレタンク内の掃除中にオーバーフロー管にぶつかり位置がズレてしまったことです。

 

位置がズレたことに気付かず、チョロチョロ…という音の原因がわからぬまま

水道修理業者へ相談することにしたのだそうです。

 

その後、水道修理業者による部品交換で解決が出来ました。

 

ただ、部品の取り寄せのためすぐに修理が出来ず、

数日間トイレが使用できなかった不都合がありました。

 

更に、止水するまで間の、漏水による水道料金の負担も負うことになりました。

水道業者を探すポイント

水道業者を探すなら抑えたいポイントは次の通りです

・HPがしっかりした作り
・創業年や実務実績がわかる
・料金体制がわかりやすい
・見積り(有料・無料)やアフターサービスをしてる
・電話問い合わせの応対が良い

 

気を付けたいことは、緊急事態ではすぐ来てくれるかと言うこともチェックしましょう。

 

小さな水道業者の場合、部品のストックをしてないことがあります。

 

そのため、部品取り寄せ後に再来することになり、その間トイレは使えません。

 

今回のケースの場合は、該当のトイレの止水栓で止水が出来、

代わりに2階のトイレが使用できたとのことで生活に支障はなかったとのことです。

 

また、経験豊富な技術により作業自体にも問題なく、修理が出来ました。

依頼するタイミングとは

チョロチョロ…という音が気になりトイレの止水栓を閉めることで応急処置をしていたとのことです。

 

止水栓を閉めた後は、チョロチョロ…と言う音が止み、漏水も止まります。

 

その後すぐに水道業者へ相談をしていますので、的確なタイミングだったと言えます。

 

異変を感じた時にはすぐに相談をしましょう。

 

また、あれこれといじってしまうと更なる被害を増やしてしまうことがあります。

 

特別な問題がなければ、業者が到着するまでは現状のままでおきましょう。

業者到着前までにやっておきたいこと

トイレタンクからチョロチョロ…という音が聞こえたら漏水の可能性があります。

 

この場合はすぐに止水栓を閉めて、漏水を防ぐことが一番大切です。

 

止水栓はトイレタンクに給水する管に設置されています。

 

マイナスドライバーを止水栓の溝に差し込み、右に回すと止水出来ます。

 

【もしも床に水漏れがある場合】
・コンセントからプラグを抜く
・コンセントに水がかからないようにカバーをかける
このように、感電や漏電にも気を付けましょう。

これはNG!!やってはいけないこと

止水栓を長年動かしていないと、固着化していることがあります。

 

固くなった止水栓を無理やり回すとねじ山を潰してしまうことがあります!

 

これは絶対にやってはいけないことです。

 

回しにくい場合は「水栓ドライバー」を使い、

それでも回らない場合は屋外にある元栓を閉めましょう。

 

元栓を閉めると家中の水道が使えませんので、早急に水道業者へ連絡してください。

 

また、今回の場合は、トイレタンク内に水の入ったペットボトルを入れようとしたことが発端だったそうです。

 

トイレタンクの蓋を開けると浮き玉や周辺の部品に黒カビが生えていた為、掃除を始めたようでした。

 

自己判断で節水をすると、排水量が少なくなり排出物が流れにくくなります。

 

結果、排水管内が詰まりやすくなってしまうのです。

 

ですので自己流で節水することは止めまょう!

 

また、トイレタンク内の部品は劣化具合により破損しやすい状態のこともあります。

 

トイレタンク内に物を入れることは止めましょう!

漏水による水道料金減額措置には厳しい審査あり!

増額した水道料を負担するのは悔しい気持ちがありますね。

 

使用していないのですからこの気持ちになるのも当たり前でしょう。

 

そのために減額措置を取っている自治体が多いです。

 

しかし、厳しい審査をクリアしなければ減額はされません。

 

しかも審査には1か月ほどかかることが多いのです。

 

また、敷地内の地下からの漏水は対象で、

トイレの水漏れは非対象という場合もあります。

 

減額措置はあまりあてにしない方が良いでしょう。

 

減額措置の対象である場合は忘れずに申請をしましょう。

まとめ

水漏れに遭った時は、止水をしてから水道業者へ依頼することが早い解決方法です。

 

漏水には減額措置がありますが、申請が厳しく審査の期間が掛かります。

 

水道業者は詳細を確認してしっかり選びましょう。

 

トイレは自己流で節水をしたり、無理に修理を試みたりすることは止めましょう。

 

困ったことがあれば早めに気軽に信頼できる水道業者へ相談をしてください。


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし