横浜市瀬谷区|水道管が凍結したときの対処法


冬になって気温がグッと低くなると、水道管が凍結しやすくなります。水道管が凍結してしまうと大変な事態となります。自力で対処するのは難しいので、業者に依頼しなければならないでしょう。事前に水道管の凍結予防の知識があれば、気温の低い日でも凍結の不安を防げます。

ここでは、横浜市瀬谷区の生活や地域の水道修理店など、暮らしに役立つ情報を紹介していきます。

横浜市瀬谷区のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

横浜市には18の行政区があり、瀬谷区はその最西端に位置しています。横浜市と聞くと都会のイメージがありますが、瀬谷区は緑被率35.9%と、自然に恵まれた環境です。また、瀬谷区にある駅周辺には買い物できる施設も多く、生活するのに便利な環境が整っています。

ここでは、瀬谷区で生活する魅力や、おすすめスポットについて紹介していきます。

★横浜市瀬谷区の特徴と生活メリットについて

瀬谷区内は、豊かな自然環境に恵まれており子育てに適したエリアだと言えるでしょう。瀬谷区内からは、古くから人が居住していたと思われる遺跡が多く発掘されています。また、瀬谷区内にある鎌倉街道は、かつて歴史上の有名人がよく使っていた主要道路の一つとして知られているなど、歴史のあるエリアです。

横浜市は区ごとに特徴がありますが、瀬谷区は地勢が平坦という点が大きな利点です。横浜市は全体的に丘陵地であり、地域によっては坂道が多く、移動が不便なところが少なくありません。その点、瀬谷区は市内の平野の入り口にあたるので、坂道が少ないのです。また、自然を感じられるお出掛けスポットが多いので、子どもを連れて出掛けられるのも魅力です。

瀬谷区だけでなく横浜市全般に言えることですが、移動は徒歩や自転車を使うケースが多く見られます。坂道が少ないので移動の負担が減るので、子育て世代や高齢者にとって住みやすいエリアだと言えるでしょう。

瀬谷区内には、相模鉄道がとおっており瀬谷駅、三ツ境駅があります。同じ瀬谷区内でも住んでいる地域によっては、ほかの路線の利用が便利です。たとえば、区の東部にお住まいの場合は、相鉄いずみ線のいずみ野駅が近く、区の南西部は下瀬谷、北新、南瀬谷は小田急江ノ島線の桜ヶ丘駅、区の北部は東武田園都市線の南町田グランベリーパーク駅が最寄りです。

いくつかの路線が利用できるので都内に通勤、通学するのも便利です。また、区内には神奈川中央交通と相鉄バスが通っています。

近い将来、他の路線と相互乗り入れが行われる予定があり、それが完了すると交通利便性がかなり向上すると考えられています。それに伴って、瀬谷駅南口では再開発が積極的にすすめられており、今後ますます駅周辺が賑わっていくことでしょう。

★横浜市瀬谷区でおすすめのお出掛けスポット

・白姫神社

相模鉄道三ツ境駅からすぐ近くにあるこぢんまりした神社です。常に多くの参拝客でにぎわっているわけではなく、普段はとても静かです。ちょっとお参りをしたいときや、お散歩に気軽に立ち寄れるでしょう。地元では有名な神社で夏にはお祭りが開催されます。

・瀬谷本郷公園
緑被率が高い瀬谷区の中でも規模の大きな公園です。公園内には野球場とテニスコートがあり、広くてとてもきれいです。最寄り駅から距離があるので、車や自転車でアクセスすると便利です。ちなみに、駐車場は1時間200円と、この周辺の駐車場料金よりもお得に設定されています。トイレもきれいなので、一日快適に過ごせるでしょう。

・瀬谷中央公園こどもログハウス
瀬谷区が運営している施設であり、小中学生のいる家庭におすすめです。一見、キャンプ場にあるようなログハウスですが、中に入ると大きな遊具や広間があります。本もたくさん貯蔵されているので、子どもたちは体を動かしたり、本を読んだりと思い思いの過ごし方ができます。

・オーガスタミルクファーム
瀬谷区の高台にある小さな牧場で、子連れに大変人気があるスポットです。牛やヤギを見ることができるほか、人気の「牧場ソフト」を求めて多くの人が訪れています。

・おふろの王様 瀬谷店
チェーン展開しているスーパー銭湯。黒湯が特徴で、肌がツルツルになると評判、炭酸泉をはじめお風呂の種類が多く、レストランもあるのでレジャー感覚で一日ゆったり利用できます。

横浜瀬谷区の統計情報(人口、世帯数等)

横浜市瀬谷区の面積は17.11平方キロメートルと、市内の他の区と比べると面積は小さめです。世帯数は平成31年2月現在で、56,041件、人口総数は123,948です。そのうち、男性が60,878人、女性が63,070です。

瀬谷区内でも人口が偏在しており、最も世帯数と人口が多いのが三ツ境です。相模鉄道の駅に近いエリアであることから、人気があります。

人口に占める年齢比率を見てみると、15歳未満の割合が昭和60年代には24,745人だったのに対して、平成18年には18,802人に落ち込んでいます。代わりに高齢者(65歳以上)の割合が3倍以上増加しており、区内で高齢化が進んでいることがわかります。

瀬谷区は坂道が少ないことから定年退職したシニア世代に人気が高いので、それが高齢化を推し進めている原因の一つになっています。

また、通勤通学者の動きを見てみると、都内よりも横浜市内の他の区に通勤通学されている方の割合が最も多いことがわかります。これは、職場の近くに引っ越す傾向が強くなったことが影響していると考えられます。

瀬谷区内には、30以上の保育園や認定こども園、幼稚園があります。また、小学校に関しては11校、中学校は6校、高校に関しては、3校あります。養護学校も6校あるので、子育て環境は充実していると言えるでしょう。

横浜市瀬谷区の人口は、平成に入ってから増加から減少に転じています。今後、鉄道の相互乗り入れや開発がすすめば、さらに人口は増加するかもしれません。

横浜市瀬谷区の水道修理店情報

瀬谷区内で水道のトラブルが発生したときに困らないように、いくつか業者の情報を知っておくと役立ちます。ここでは、横浜瀬谷区の水道修理店の情報をいくつか紹介していきます。

・株式会社龍王設備 横浜市瀬谷区阿久和西4-14-7 045-365-5571

・株式会社日生設備 横浜市瀬谷区阿久和東4-23-7 045-362-2360

・エスケイ工業有限会社 横浜市瀬谷区阿久和東2-24-8 045-829-4151

・株式会社オサダ管工 横浜市瀬谷区阿久和西4-32-2 045-391-1224

・株式会社鈴木設備 横浜市瀬谷区阿久和南4-2-1 045-362-6455

・株式会社小松工業 横浜市瀬谷区下瀬谷1-31-10 045-302-1839

・新生設計 横浜市瀬谷区宮沢2-29-6 045-342-9125

・株式会社ケイセツ 横浜市瀬谷区宮沢3-22-15 045-303-5470

・有限会社アクアルート 横浜市瀬谷区橋戸3-48-8 045-306-1720

・株式会社ホーセン 横浜市瀬谷区相沢6-25-1 045-301-5411

以上紹介した業者は、全て横浜市の指定給水装置の工事業者です。

 

水道管の凍結原因とその対策

真冬で外気温が低くなったとき、水道管が凍結してしまうことがあるでしょう。水道が使えなくなってしまうと、日常生活に大きな支障をきたしてしまいます。そこで、水道管が凍結してしまったときの対策や、事前の予防法などについて詳しく紹介していきます。

★水道管が凍結してしまう原因

水道管が凍結してしまうのは、冷たい空気に触れて水道管内の温度が急激に低くなることが主な原因です。基本的に寒冷地の家庭やオフィスで使われている水道管に関しては、凍結防止対策が行われていることがほとんどです。しかし、古い水道管に関しては、対策が不十分で凍結しやすくなっているので注意が必要です。

水道管が凍結するときの気温の目安はマイナス4度以下です。天気予報をチェックして、気温が低くなると予想されるときは、対策を取ったほうがよいかもしれません。

そして、水道管の凍結しやすい部分を理解しておくと、適切な対策が取れるようになります。凍結しやすい場所は、以下の3つです。

・給湯器への接続部分(水道管がむき出しになっているため)
・散水栓と湯沸かし器の元栓(水道管が戸外や北向きにある場合)
・洗面所やトイレ(北向きにある場合)

自宅やその周辺をチェックして、凍結しやすい箇所をおさえておきましょう。また、水道管が凍ってしまうと、最悪の場合、水道管が破裂することがあることを覚えておきましょう。破裂の危険度合いは、水道管の素材も大きく関係しています。一昔前は銅性の水道管が使われていたのですが、銅の水道管は破裂しやすいのです。

★水道管の凍結を防ぐ方法①

気温が低くなることがあらかじめ分かっているときは、水道管の凍結対策をとっておきましょう。水道管の凍結対策には、ヒーターを巻くのが効果的です。

事前に必要な物を準備しておきますが、水道凍結防止帯がセット販売されているのでそれを購入すると便利です。購入前に家庭の水道管の径を計測してから、適したサイズのものを選ぶことが大切です。
用意するものは以下の通りです。

・水道凍結防止セット
本体、ビニタイ、保温テープ

取り付け方のコツと注意点をしっかりと心得てから作業に取りかかりましょう。

・取り付け向き
文字が印刷されているので、それが上にくるように配管に巻き付けていきます。

・巻き付け方
密巻きが原則です。重ねたり密着させたりすると、効果が薄れるので注意しましょう。

・ゆるく巻くこと
配管にピッタリと密着させるためにきつく巻いてはいけません。配管に沿うように、ゆるく巻くのがポイントです。

最後に保温材を隙間なく巻き付けてください。

保温材は自力での取り付けが可能ですが、やり方を誤ってしまうと効果が半減してしまいます。場合によっては、水道管を傷つける恐れがあるので、巻付け方の注意点をよく心得てから行うようにしてください。また、自分で保温材を取り付ける自信がない人は、業者に依頼することも可能です。

★水道管の凍結を防ぐ方法②

水を抜くことも、凍結防止対策に役立ちます。蛇口や水道管が凍ってしまうのは、水道管内に水が残っているからです。外気温は深夜から早朝にかけて低くなるので、寝る前に水道の水を少量出しておくのです。出す水の量ですが、鉛筆の芯くらいの太さが目安です。

水道管に使われている材質が凍結のしやすさに影響を与えることがあります。銅の水道管は破裂しやすい特性があるので、これを機会に水道管の素材を破裂しにくいものに変えることを検討してみましょう。

ほかにも、追い炊き機能を利用する凍結防止対策があります。屋外にある給湯器の凍結防止対策には、風呂の温度を一定に保っている追い炊き機能を働かせておくことが効果的です。

また、給湯器の機種によっては、リモコンの電源を入れておくだけで凍結防止ヒーターが作動するものがあります。そのような機能が付いている給湯器は、電源を切らないようにしないとその機能を十分発揮できなくなります。

使っている給湯器の仕様については説明書を確認するか、メーカーに確認するのが確実です。

★水が出なくなったときの対処法

水道管が凍結してしまったときに、自力でできる対策をご紹介します。凍ってしまった水道管をゆっくりと温めるのが、効果的です。凍結してしまった蛇口や水道管にタオルをかぶせてから、ぬるま湯を(50度くらい)をゆっくりとかけていきます。

熱湯をかけると早く溶けると思うかもしれませんが、温度の急激な変化は水道管に強いダメージを与えます。蛇口や水道管の破裂の原因となるので、十分な注意が必要です。

ほかにも、ドライヤーの熱を当てる方法もあります。室内の場合は、暖房を入れて水道管や蛇口を温めるのも効果的です。

★水道管が破裂してしまったら

凍結により水道管が破裂してしまったら、水道メーターのボックスをすぐに閉めてください。そのまま放置しておくと、破裂した部分から水が漏れ続けてしまいます。

その場になって慌てないようにするためにも、日頃から水道の元栓の位置を把握しておくことが大切です。また、水道管の凍結や破裂が起こってしまったときは、すぐに業者に連絡をして対応してもらうことも手段の一つです。

まとめ

横浜市は比較的温暖なイメージがありますが、実は瀬谷区に関しては周辺の区よりも平均気温が低いと言われています。周辺の地域が雨だったとしても、瀬谷では雪が降ることがあるほどです。そのため、水道管の凍結や破裂が起こりやすい地域だと言えるでしょう。

突然、水道が使えなくなってしまったらとても困ります。日々快適に生活を送るためにも、水道管の凍結原因と適切な対策について理解しておきましょう。凍結防止対策を取っておくと、万が一外気温が下がった日でも水道管が凍るリスクを少なくできます。
また、水道工事の業者情報を把握しておくと、万が一のトラブルが起こったときに役立ちます。もしも、水道管が凍結してしまったときは、早めに業者を呼んで対応してもらうのが最も安心な方法ですね。

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし