横浜市栄区|トラブルを事前に予防する下水管のメンテナンス


下水管にトラブルが発生すると、悪臭や水の逆流などさまざまな問題が起き、頭を悩まされる人も多いのではないでしょうか。下水管のトラブルが発生した時点で、自力で修理を行うことは難しいといえます。そのため、水道修理業者に依頼しなくてはなりません。
場合によっては高額な費用がかかる場合もありますので、トラブルが起きる前に下水管をメンテナンスしておく必要があります。

ここでは、横浜市栄区の生活に関する情報や、水道修理店の紹介とともに、トラブルを事前に予防する下水管のメンテナンスについてご紹介します。

横浜市栄区のエリア情報とおすすめお出掛けスポット

横浜市栄区は、横浜市の中では南に位置する区で、広さは全18区のなかで15番目とそれほど大きな区ではありません。鎌倉市と隣接しているということもり、昔から鎌倉とはゆかりの深い地域となっています。
横浜市栄区の特徴や、生活するうえでのメリット、お出掛けスポットなどについてご紹介します。

★横浜市栄区の特徴と生活メリットについて

区の真ん中をいたち川が東西に流れており、また、西側を柏尾川が南北に流れていて低地を形成しています。低地には工場、丘陵地には住宅地が造成されています。

区の中心となる駅は本郷台駅、大船駅で横浜駅までは20分程度で移動が可能です。また、東京駅までは1時間まではかからないため、首都圏への通勤も可能なエリアとなります

住宅地として人気のある横浜市栄区ですが、丘陵地にある住宅エリアから、主要駅までは距離があるため、自家用車の使用やバスなどの公共の交通手段の利用が必要となります。交通量の関係から渋滞等で時間がかかるため、通勤時などは実際の距離よりは遠く感じられるようです。

生活面では、大きな商店街、娯楽施設などは少なく多少不便な感じがありますが、その分、閑静な住宅街となっています。自家用車やバスといった公共の交通機関の利用を考えれば、住環境はよさそうです。

また、2020年末には大船駅前の再開発エリアにグランシップがオープンします。アトレ大船や大船ルミネウイングが隣接していて、ここでの買い物に関しては、なんでも買い揃えることが可能になりそうです。大船駅はターミナル駅ということもあり、ショッピングの利便性はかなり高くなりそうです。

★横浜市栄区でおすすめのお出掛けスポット

・あーすぷらざ(神奈川県立地球市民かながわプラザ)

あーすぷらざは、こどもの豊かな感性の育成、地球市民意識の醸成、国際活動の支援という3つの目的をもって運営が行われている施設です。世界中の生活道具や衣装・楽器が展示されているこどもの国際理解展示室、戦争・紛争・難民問題といった国際的な問題に関連した資料を展示した国際平和展示室、子供たちの遊び場としてこどもファンタジー展示室があります。
さまざまなイベントも行われており、子どもたちの年齢によって異なる楽しみ方ができるスポットとなっています。地下駐車場があり、雨の日でも濡れることなく建物に入ることができます。

・横浜自然観察の森

横浜自然観察の森では、生き物の生態や自然環境の仕組みについてのパネルや模型を見たり、実際に自然や生き物を観察することができます。
日本野鳥の会のレンジャーがしており、ガイドとなってより詳しい紹介を受けて学ぶことができます。
イベントも定期的に開催されており、ガイドツアーやバードウォッチングなどの森を散策するものや、雑木林の手入れ体験や畑作業体験のような、体験を通して自然とふれあうイベントもあります。
大人も、家族連れでも楽しめる、たくさんの自然に囲まれた癒しのスポットとなっています。

・上郷・森の家

上郷・森の家は宿泊が可能なレクリエーション・研修施設です。企業向けの研修等にも最適ですが、バーベキュー場、体育館、娯楽室、工作室、食堂、喫茶室といった施設もあるため気軽に利用できる施設となっています。
また、グランピング施設やキャンプ施設もあり家族や友人同士でも楽しめる施設です。キャンプに関しては全て用意されているので手ぶらで楽しめます。テント設営もスタッフの手伝いがあるので、女性だけで楽しむこともできそうです。
他にも、各種研修やワークショップ、ダンススクールなども行われており、性別、年齢を問わず楽しめる施設となっています。

横浜市栄区の統計情報

令和2年1月1日現在で横浜市栄区の人口総数は、119,612人となります。内訳として、弾性が58,208人、女性が51,404人となっています。世帯数は51,457世帯です。

前月比で世帯数は7世帯、人口は67人減少しており、前年同月に比べると人口は436人減少しています。直近でみれば若干の減少傾向がみられますが、平成以降はずっと12万人台を推移しています。

人口のピークは平成23年の126,575人でその後はなだらかな減少傾向となっていますが、世帯数に関してはそれほど大きな変化はありません。少人数の家族が増えていることと、少子高齢化の問題が関係しているようです。しかし、これは横浜市栄区の問題というわけではなく、日本国内全体の問題ということになりそうです。

最近の減少の原因としては、転出によるものではなく、出生と死亡の差による自然の増減が原因となっているようです。

横浜市栄区における外国人の人数は平成29年の時点で967人となっています。ピークは平成23年の1,047人となっています。同じ横浜市の区に比較すると、外国人の人口は比較的少ないようです。

横浜市栄区の水道修理店情報

・有限会社伊東工業 横浜市栄区桂台東3番6号 045-355-0208

・株式会社金沢設備 横浜市栄区桂台南二丁目22番19号 045-383-9615

・有限会社ワークトップ 横浜市栄区元大橋一丁目47番34号 045-897-4001

・株式会社太清ブラウニー 横浜市栄区元大橋二丁目35番10号 045-443-9020

・谷口設備株式会社 横浜市栄区公田町1638番地の33 045-891-6411

・株式会社生活浄化人 横浜市栄区公田町261番地20 045-515-1756

・高井商会 横浜市栄区小山台二丁目15番8号 045-891-0201

・横浜建設株式会社 横浜市栄区小菅ケ谷四丁目26番11号 045-897-1133

・株式会社大船住研 横浜市栄区小菅ケ谷二丁目43番13号 045-893-3699

・株式会社髙橋設備 横浜市栄区上郷町233番地 045-893-4233

・有限会社ヒデヤ商工 横浜市栄区上之町1番7号 045-893-0362

・有限会社シンコウ設備工業 横浜市栄区鍛冶ケ谷町316番地10 045-891-5242

 

トラブルを事前に予防する下水管のメンテナンス

下水管や排水管を定期的に清掃している人は少ないと思われます。マイホームを建ててから一度もメンテナンスをしたことがないという人も多いのではないでしょうか。
下水管や排水管は普段目にする機会は少ないため、あまり気にしていない人も多いですが、時間の経過とともに確実に汚れがたまり、劣化が進んでいます。

そのまま放置していると、ある日突然水漏れや逆流などのトラブルが発生し、大ごとになってしまいます。下水管や排水管がいきなり壊れて生活に支障をきたさないよう、こまめにメンテナンスをすることをおすすめします。

★下水管のメンテナンスが必要な理由

下水管や排水管は家を建てたばかりのときは新品でキレイですが、生活排水を流しているうちに汚れがたまり、どんどん錆びてしまいます。
マンションやアパートなどの場合、下水管の管理は契約している水道修理業者が行っているのでそれほど気にする必要はありませんが、戸建ての場合はそうもいきません。
水道局は自宅に引き込む前までは下水管の清掃を行いますが、自宅の敷地内の下水管は個人管理になります。そのため、自分で定期的にメンテナンスを行わないと劣化が進んでしまいます。

排水管も同様で、メンテナンスをしないと脂や尿石などの汚れがどんどんたまり、最後には水が流れなくなります。下水管や排水管の状態が悪化して修理に依頼すると、費用も高額になりますし、水道がしばらく使用できないなど不便な時間が続きます。

★下水管のメンテナンス方法

・大量のお湯を流し入れる

最近では油をそのままシンクに流す人は少ないと思いますが、それでもまったく流さずに洗い物をするのは難しいと思われます。
いつもより多めの油を流してしまった場合は排水溝を取り外し、40度から50度程度の少し熱めのお湯を大量に流し入れ、配管に油が滞留しないようにしましょう。
油を流し入れていないときでも、大量のお湯を流し入れることは下水管や排水管のメンテナンスにつながります。簡単な方法ですが効果が期待できるため、月に一度はお湯を流し入れるようにしましょう。
キッチンや洗面所で行う場合は排水溝にフタをして、お湯をためて一気に流し込むと効果的です。

・水をすべて出す

下水管は自分でメンテナンスを行うのが難しいように思えますが、下水管にトラブルが発生しやすい冬場は簡単に行えます。冬は下水管が凍り、破裂するなどのトラブルが起きやすいため、屋内外の水道の元栓を閉め、蛇口から水をすべて出してしまうと、トラブルを事前に防ぐことができます。

・市販のパイプクリーナーを活用する

下水管や排水管のトラブルで多いのが、詰まりです。食べ残しやトイレットペーパー、タオルやナプキン、携帯電話など、本来は流すべきでないものを流してしまい、詰まらせて下水が逆流するようになります。
トイレットペーパーなど水に溶ける物質の場合は、市販のパイプクリーナーなどを利用すると問題が解消されます。

パイプクリーナーは汚れを分解する力が強いため、月に一度程度メンテナンスとして定期的に行うのがおすすめです。
使用する前にボトルを40度から50度程度のお湯に漬け込み、温めてから使用するとより効果が上がります。また、洗い流す場合も40度から50度程度のお湯を使用すると効果が上がるため、お湯を大量に流し入れるメンテナンスを行うときに同時に使用すると、よりキレイに仕上げることが可能です。

・重曹とお酢を活用する

家庭の掃除で欠かせないのが重曹とお酢ですが、下水管や排水管のメンテナンスにも活用できます。
排水溝を外し、直接排水管に重曹を振りかけた後に、お酢をふりかけます。30分から1時間ほどそのまま放置し、40度から50度程度のお湯を流し入れれば終了です。

★下水管のメンテナンスはいつ必要?

下水管や排水管は、どの程度の頻度でメンテナンスを行うのが良いのでしょう。下水管や排水管が流れなくなってしまう前に、なるべく月に一度はメンテナンスを行うのが理想です。
自宅でできるメンテナンスを行っていても、それでも汚れはたまってくるので、5年に一度は高圧洗浄でキレイにすることが必要です。また、流れが悪くなってきたと感じた場合は、すぐにでも高圧洗浄を行ったほうが良いでしょう。

下水管は消耗品のため、15年から20年に一度は交換するのが理想的です。金属製や金属と樹脂を合わせてた下水管の場合、使用している間に錆がたまってきてしまうので、そのまま使っていると蛇口から茶色い水が出るようになります。塩ビなどを使用した樹脂製の下水管であればさびにくいため、金属製よりは長持ちします。

排水管と異なり、古くなった下水管は高圧洗浄すると腐食している可能性が高いため、高圧洗浄を行うと配管が破損する恐れがありますので、水道修理業者に相談してメンテナンスを行うようにしましょう。

★経年劣化によるトラブルは交換が必要

定期的なメンテナンスを行っていても、経年劣化により下水管や排水管が腐食し、割れてしまうこともあります。また、排水管と排水桝の間に隙間ができたり、植物の根などの異物が入り込み、下水管をふさいでしまうこともあります。
家を建てて何年も経過してからキッチンやトイレから悪臭がする、水の流れが悪いなどトラブルが発生するようになった場合は、経年劣化によるトラブルと考えたほうが良いかもしれません。水道修理業者に相談し、交換が必要かどうか確認してもらいましょう。

まとめ

閑静な住宅街が広がる横浜市栄区は、住宅街としても人気のあるエリアで、再開発の進む駅も増えていることから、さらに利便性が良くなるのではないでしょうか。

住宅地というだけあって、下水管や排水管などによるトラブルもつきものですが、定期的なメンテナンスを行うことで長期的に使用することが可能になります。
10年に一度は水道修理業者にチェックしてもらうようにすると、さらにトラブルを未然に防げます。

 


会社名
水の救急隊 クラシアン 生活水道センター 水の生活救急車 水道屋本舗
料金
夜間料金なし
一律5000円~
作業員によって料金が変わる 平均的な料金 高くも安くもない 見積りによって 高額請求の口コミあり 割高だという口コミ多数
丁寧さ
1ヶ所からでも丁寧に対応。 しっかり説明してから作業するので評判も良い 親切でわかりやすいという口コミあり 違う業者が来るという口コミもあり 挨拶がなくて残念。嫌味を言われた という口コミもチラホラ 作業員の対応は丁寧だと 評判は良好
会社の安心感
フランチャイズを除いて 実績・技術がNo.1 大手ならではの安心感はある 提携店も含まれるので 不安ややあり。 全国対応で安心だが、 作業員の態度で悪い口コミあり。 自社研修に力を入れている。
口コミ
明朗会計で安く、 丁寧・迅速な対応で高評価。 強引な営業、時間を守らない等の 悪い口コミが目立つ。 料金が高く、 ホームページの値段と違う。 作業員が丁寧or態度が悪い の評価が極端にわかれている。 料金が高いという口コミが 多いので安心できない。
キャンペーン
今だけWeb限定割引 3,000円オフ キャンペーンなし キャンペーンなし キャンペーンなし ホームページを見たで2,000円割引 ただし割高料金のためあまり意味なし